佐渡ロングライドを走ってきた(後編)

佐渡の続きを書きます。(もう1週間前のことなんだ)

大会当日、2時半起床。
同行者を起こさないようにこそこそと支度をし、朝食へ。(大会参加者のためにこの時間から朝飯が食べられます)
ただこの時間ではさすがに食欲が無く、バナナくらいしか食べられなかった。(でもこれは大失敗!)
3時半のシャトルバスに乗り会場へ。

4時ごろ会場に到着し、預けてあった自転車を受け取る。その後は6時半予定のスタートを待つだけ。ここからスタートまでがこの日でいちばんつらかった!だって寒い!息が白い!さらに腹が減ってきた。
周りを見るとおにぎりやら弁当やらを用意している人々が多数。せめて宿でしっかり朝飯を食べていれば…

そうこうしているうちに先発の210kmコースのひとたちが徐々に出発し、自分が走る130kmコースのスタート時間になってきた。スタート待ちの列に着く。
DSC00298_convert_20120527022154.jpg
すばらしい天気です!

130kmコースのスタート予定時間は6時半だったが、実際にスタートできたのは6時50分。12人ずつ間隔を空けてスタートして行く。
まずは20km先のひとつめの相川AS(エイドステーション)を目指す。早く着いて何か食べたい!
相川ASの手前で宿泊したホテルの前にさしかかると、よめさんと娘とおばあちゃんが。

DSC01577_convert_20120527085743.jpg
よめさんにとってもらいました。

スタート前はあれだけ寒かったのに、走り出したらもう暑い。着ていたウィンドブレーカーをよめさんに渡しリスタート。
7時40分ごろ相川AS(20km地点)到着。
DSC00299_convert_20120528224842.jpg

そばとパンをいただき一息つく。
8時30分ごろには二つ目のASである入崎AS(40km地点)を通過。海岸沿いのコースは細かいアップダウンの繰り返しで飽きない。立ち並ぶ奇岩も目を楽しませてくれる。
スタートして2時間すぎ、ついにあれが見えてきた。

DSC00302_convert_20120528225223.jpg
名物Z坂です。(ピンぼけですみません)
標高差130m、最大勾配11%だとか。でも数字以上に見た目のインパクトがすごい。
ここはマイペースでたんたんと登って行く。押してる人が結構多い。
なんとか無難にZ坂をクリアすると次なる名所にさしかかる。

DSC00303_convert_20120528225351.jpg
大野亀です。
この先の10%の登りを越えたところで、10時頃はじき野AS(72km地点)に到着。
ここらで島の北端を越え、東海岸に出る。ここからは次の両津BS(弁当ステーションの略だそうで)までほぼ平坦コース。まったくといっていいほど信号がない道を順調に飛ばして行く。
そして11時20分両津BS(100km地点)到着。
DSC00304_convert_20120528225537.jpg

ここでは弁当(おにぎりとみそ汁)が用意されていて、しばし昼食休憩。
残り30km。もう一息だ。

両津BSを出てすぐ210kmコースと130kmコースの分岐点にさしかかる。210kmはそのまま海岸沿いを行くが、130kmは内陸を突っ切って西側のスタート地点に向かう。
コースが分かれたとたん、あれだけ大勢いた自転車乗りがぱったりいなくなった。なんだかさびしい。
てっきり田んぼの中を走るのだとばかり思っていたら、実は山の中のコース。以外にアップダウンが厳しい。

DSC00305_convert_20120528225751.jpg
結構な高さまできてます。

ようやく西側の海岸に出るとゴールまでは6kmほど。少し向かい風がきつかったが12時50分無事ゴール!
休憩込み6時間で130km完走という結果でした。

DSC00327_convert_20120528230349a.jpg
完走賞です。

15時半のジェットフォイルを予約していたので、アンケートを書いたりしてしばし休憩の後、15km自走で両津港へ。
両津港で家族と合流。腹ごしらえやら着替えやら自転車を輪行袋にしまったりしているうちに乗船時間がくる。
帰りの船はこれです。
DSC00306_convert_20120528230034.jpg

行きのフェリーは2時間半かかったが、こいつは1時間で新潟港に着く。乗っている間はシートベルト着用で、なんだか飛行機感覚だ。
新潟以降は新幹線、電車を乗り継ぎ10時過ぎに帰宅。

初のロングライドイベントは最高の天気に恵まれ、本当に気持ちよい大会でした。
来年は是非210kmに挑戦したい。
今度は家族は同行しないようなので、どなたかいっしょにいかがでしょう?

走行距離:130km+15km

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

佐渡ロングライドを走ってきた(前編)

5月20日(日)に開催された、佐渡ロングライドに行ってきた。
自転車のイベントに参加するのはこれが初めてだ。
佐渡といえば島一周の210kmコースがメインだが、今年から210kmコースにエントリーするには100km以上のロングライドイベントへの参加経験が必要となったとのことで、130kmにエントリーした。
距離は普段走っているのと大差ないが、行き帰りの輪行や船などがかなり不安。
この日のために輪行の練習(下田)やフェリーを使う練習(南房総)をしてきたのが活かせるかどうか。
それと、諸般の事情で家族(よめさんと娘と息子)、それによめさんの両親が同行することになった。自分は自分のことだけで目一杯なんだけど、さてどうなることか…(笑)

5月19日(土)の朝出発。都内までは千代田線乗り入れの青いロマンスカーを使ったが、地下鉄の乗り換えの距離がかなりあり、これはちょっと失敗。東京駅からは2階建て新幹線MAXに乗る。新幹線のホームには輪行袋を抱えた方々が大勢。いろんなブログを参考にさせていただき車両の最後列の席を確保していたおかげで、自転車は座席裏に楽に置くことができた。新潟までノンストップで10時半ごろ新潟着。
DSC00289_convert_20120525003845.jpg

よめさんたちはジェットフォイル(11時半発)、自分はフェリー(12時半発)で移動なので、ここで一旦お別れ。

駅前で自転車を組み立て、フェリー乗り場までは自走。フェリーは二等で済ませるつもりで予約していなかったため、乗れなかったらどうしよう?などと若干心配していたが、予定していた12時半の便に全く問題なく乗船できた。本来であれば、自転車をそのまま載せる場合車両分の料金が必要なのだが、大会期間中は無料のキャンペーン中とのこと。ラッキー。
DSC00291_convert_20120525004539.jpg
これに乗りました。

DSC00292_convert_20120525005035.jpg
出港!

佐渡までは2時間半。昼飯を食べたあとは寝て過ごし…。
DSC00293_convert_20120525005108.jpg
15時、佐渡到着。

DSC00294_convert_20120525005617.jpg
がばっと開いた口から佐渡(両津港)上陸です。

初日の予定としては、スタート地点で受付を済ませた後自転車を預け、前夜祭を見てから大会が用意してくれるシャトルバスで宿泊先のホテルに移動、という感じ。両津港は島のくびれた部分の東側にあり、スタート地点はくびれの西側、距離15kmほど。前日受付終了16時半に間に合わせるため、早々にスタート。若干ミスコースしたりしたがなんとか当日受付終了。参加賞のお米をゲット。自転車預かり所の体育館に自転車を預け、後は生ビールをがばがば行きながらまったりとあたりを散策。

DSC00296_convert_20120525010603a.jpg
翌日のスタート/フィニッシュ地点。

DSC00295_convert_20120525010632.jpg
こんなのもあって盛り上がります。

前夜祭は予定よりずいぶん早く終わり、シャトルバスでよめさんたちが待つ宿に移動。翌日のバスが早い(3時半に宿出発!)ので酒の力で9時には就寝した。
初日はトラブル無くなんとかクリア。でも本番は明日。続きはまた。

走行距離:15kmくらい

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いつもの湘南平へ

先日の日曜日は湘南平へ行ってきた。

DSC00287_convert_20120516232058.jpg

あまり距離は乗らないので朝はちょっとゆっくりめで9時過ぎに出発。
快晴で日差しが強いが走り出してみると空気が以外に冷たかったので、アームカバーを装着。
いつものように本厚木から小田厚側道へ。風の状態がよくなかなか快調。
平塚PA手前で小田厚を離れて南下し湘南平へ向かう。
途中、東海道新幹線を利用するとき見かけてはきれいだなと印象に残っていた町並みをパチリ。

DSC00284_convert_20120516232010.jpg

湘南平の登りは短いがいつもながら一直線の登りがきつい。
登りきるころには汗だくで、アームカバーはお役目ごめん。
頂上はつつじがまだ残っていてきれいでした。

DSC00286_convert_20120516232034.jpg
土曜日に後輪のタイヤを換えたので、やっと前後のタイヤの色が揃いました。

コーラ休憩後、花水川沿いに下ってR134〜藤沢〜境川CRで昼過ぎに帰宅。

走行距離:75.99km
平均速度:24.3kph

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

横須賀ネイビーバーガーでランチのはずが

GWは天気が悪かったり家族の予定が入っていたりで、初日、2日目以外自転車に乗ることができず。やっと昨日の土曜日、1週間ぶりに乗ることができた。(結局週末しか乗れないいつもといっしょ)
コースだが、山は先週でお腹いっぱいな気分なので、三浦をのんびり周って横須賀で以前から食べてみたかったネイビーバーガーの昼食というプランを考えた。

久々の晴天の朝日のおかげで早々と目が覚め、7時過ぎに出発。いつものように境川CRを南下する。
みんなこの日を待ち構えていたのか、自転車が多い!ロードのひと、クロスバイクのひと、MTBのひと、ママチャリのひと…
藤沢から大仏の脇を抜けて海岸へ。R134を三崎に向かう。大勢の自転車のひとに追い越されたり追い越したりしながら順調に城ヶ島に到達。いつもなら昼食は城ヶ島でマグロなのだが、この日は写真のみで失礼。

DSC00272_convert_20120506162024.jpg
城ヶ島大橋から見た富士山です。

城ヶ島を折り返して剱崎方面へ海岸を進む。途中、何度も通りながら写真を残していなかったここで一枚。
DSC00275_convert_20120506162101.jpg

東京湾側に出て海岸を北上。12時前に観音崎に到着。
DSC00277_convert_20120506162126.jpg
写真には撮ってないが、すごい観光客の数!(この時点で横須賀の状況を予想すべきだった…)

早々に出発し、横須賀に入る。
目星を付けていた店を探してドブ板通りに入って行くと…ものすごい観光客!
ネイビーバーガーののぼりが立った店は軒並み大行列。とてもじゃないけど入れない。
しかたがないのでランチはあきらめて、横須賀のもうひとつの目的地、ヴェルニー公園へ。
DSC00278_convert_20120506162148.jpg
いやぁ、かっけー。

ここが軍艦…じゃなくて護衛艦のウォッチポイントだということは知っていたのだが、なんとなくスルーしてしまっていた。艦まで結構近いし、停泊している隻数も多いし、もっと早く来ておくんだった。

DSC00282_convert_20120506162233.jpg
イージス艦「きりしま」

DSC00280_convert_20120506162207.jpg
潜水艦隊(艦名不明)

このあと、いつものコンビニ補給をして逗子経由で帰宅した。けっこうな追い風で、とても気持ちよく走ることができた。ネイビーバーガーは残念だったけど、それは次の機会にということで。
(観光シーズンに観光地に行くもんじゃないってことですね)

走行距離:140.58km
平均速度:23.2kph

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

奥多摩湖センチュリーライド

連休2日目の日曜日には、奥多摩湖へ。
以前、青梅側から行ったことがあったが、この日は檜原村側から風張峠を抜けて奥多摩湖へ至るコースとした。

青梅経由で帰ってくると160kmを越える予定。峠越えを含むセンチュリーライドは初めて。大丈夫か?

7時30分出発、八王子より秋川街道に入り、檜原村を目指す。
景色はだんだんと田舎の風景に変わって行く。
DSC00263_convert_20120501214746.jpg
天気もよく、とても気持ちいい。(ただちょっと暑い)

風張峠に向けては当然だがずっと登り。激坂ではないが足を休めるところが無いのでだんだん疲れてくる。峠までの残りの距離がわからないので先を急ぐあまり、コンビニ補給のタイミングをはずしてしまい腹も減ってきた。やばいなあと焦りながら、ここまで到達。
DSC00264_convert_20120501214808.jpg

けっこういっぱいいっぱいで、走り出す踏ん切りがつかないでいると、先に休憩していた若い男女2人組のローディが出発。女性のほうが「これからが本番だよ」とかいって男性を引いて行く。すげぇかっこいい!
自分も気を取り直して出発。だがやはり足が残ってなく、進むにつれてどんどん足が重くなっていく。たまらず足つき。一度やってしまうと歯止めが利かなくなり、その後は辛くなっては足をつき、の繰り返しになってしまった。ただ、バイクが非常に多い(しかも結構攻めた走りの)ので、安全な場所を見つけるまでは耐えなければならない。
そうこうしているうちに都民の森を過ぎ、いくつか駐車場を過ぎるうちにいつの間にか下り区間に。月夜見第一駐車場に到着。いつのまにか風張峠は越えてしまった?
駐車場からの景色です。
DSC00265_convert_20120501214828.jpg

とにかく腹が減ったので、何か食いたい!の一心でダウンヒル。下りきったところにあった食堂でざるそばを食しとりあえず一息ついた。
ここからは無事に帰り着くことに専念。青梅まではずっと下りなので足の回復に努め、平地に出てからはフロントインナーで足に負担をかけないようにしてなんとか帰宅した。
輪行袋を持ってきていたら、間違いなく使っていただろう。後悔先に立たず。

今回はなんとか予定のコースを走りきれたが、いろいろ反省すべき点があった。
・長い距離のヒルクライムでは自分の脚力ではギヤが足りない。(今使っているのは12-25T)
 アレー号購入時についていた11-28Tを活用する方法を考えたい。
・補給が大事。山の中ではコンビニがどこにでもあるわけでは無いので、緊急用に携帯する必要あり。
・初めてのコースを走るときは、保険のため輪行袋を持って行くべき。

走行距離:166.76km
平均速度:20.8kph

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

森の里青山、そして半原越えリベンジ

GWも前半戦が終了。初日、2日目と走りに行けたので、今回は初日のサイクリングについて。

実は我が家にはスポーツバイクといわれるものが2台ある。1台目は自分の愛車、スペシャのアレー。もう1台は、よめさんと息子兼用のクロスバイク、ジオスのミストラル。
DSC00267_convert_20120501214855.jpg

私がロードバイクに乗り始めてしばらく後、妙に楽しげなのが気になったのか自分たちも乗りたいと言い出して購入したのだが、実働は数える程度(もったいない…)
それが、娘の学校の関係でよめさんが森の里青山というところに行くというので、「自転車で行けるんじゃない?」と誘ってみたところ、めずらしく乗り気になり、久々に二人でサイクリングとなった。
よめさんの用事が2時間くらいかかるとのことで、その間の時間つぶしとして半原越えに行くことにした。当日のコースはこんな感じ。

先日の腰痛事件のリベンジである。

当日、よめさんの用事の開始時間に合わせて出発。よめさんペースでのんびり進む。
普段よめさんはママチャリで歩道専門だが、この日はちゃんと車道を進む。相模川を渡るまでは路肩が狭く交通量も多いので、ちゃんとついてきているか気をつかうが、なんとかなっている。
ちょっとした坂でフロントをインナーにシフトする際チェーンを落としたくらいで大きなトラブルなく目的地に到着。時節柄、こんな光景が待っていた。
DSC00261_convert_20120501214707.jpg

ここでよめさんといったん分かれ、七沢森林公園を抜け宮が瀬方面に向かい、いよいよ半原越えに入る。
前回は半原越えに入る前に既に疲労困憊状態で頂上まであと一息というところで足をついてしまったのだが、なんとか今回は登りきることができた。(きつかったことに変わりないですが)
DSC00260_convert_20120501214644.jpg

頂上付近は虫(虻?)がいっぱいで早々に下る。前日までの雨の影響かわき水やら落石やらで道が荒れていたので、慎重に下る。
その後は県道412号を南下し、森の里青森でよめさんと合流。ランチして帰宅した。
よめさんの感想。
「距離はどうってことない。でも路肩の狭い車道はきらい」
次は…微妙らしい。

帰宅後、いきつけの町田のショップでチェーン交換をしてもらう。
ロード購入後1年半で初めての交換である。店長さんいわく半年から1年で交換するものらしい。次は気をつけます。

走行距離:94.5km
平均速度:19.4kph

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

タイチャ

Author:タイチャ
2010年秋からロードバイクに乗り始めた、神奈川県在住50代のおっさんです。週末限定で湘南、三浦、多摩丘陵、丹沢あたりを走ってます。愛車はSPECIALIZED ALLEZ。2013年11月からGIANT TCR ADVANCEDを導入しました。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR